八ヶ岳の雄大な自然を感じながらショッピングを楽しめる"自然調和型"のエコロジカルモールです。

ホーム ショップリスト アクセス ギャラリー サービス お問合せ



<<  前の記事へ  一覧へ 次の記事へ >>

【癒しのライフスタイル】Vol.20 「涼を奏でる夏の爽やかドリンク」 (2017/08/14)


Vol.20 「涼を奏でる夏の爽やかドリンク」 すえざわ ちはる




ジリジリと日射しが照りつける夏真っ只中。
今年は特別暑いですね。
そんなあつ〜い時季に渇いた喉を潤し、暑さ疲れやクーラーに当たり過ぎが原因の冷えでダメージを受けた身体を労る、ジンジャーシロップを手作りしてみませんか?
常備しておくとドリンク以外にも、料理やお菓子づくりにアレンジできて、また寒い時にもホットにして楽しめるので、年間通して活躍します。


爽やかな香りがキッチンを満たします

● ジンジャーシロップ ●

【材料】
・生姜 皮をむいて正味 100g
 ※新生姜で作るときれいなピンク色に仕上がります。
  皮つきならより生姜の風味が増します。
・グラニュー糖 200g 
 ※すっきりな甘さで色良く仕上げたい場合。粗糖ならコクが出ます。
・水 200g
・レモン果汁 大さじ1と1/2
・はちみつ  大さじ1


【作り方】
1.生姜は皮をむいて2mmの厚さに切る。
2.鍋に水と砂糖を煮立ててシロップを作る。
3.生姜を加えて再沸騰させる。
  生姜が少しシャキシャキ感が残るくらいまで、弱火で20〜30分ほど煮る。
4.レモンとはちみつを加えてひと煮立ちさせる。
5.消毒済みのビンに入れて、粗熱が取れたら冷蔵庫で保存する。

生姜を入れたままでも、漉してシロップのみでも、お好みの方法で。
生姜は冷凍が可能。

※お好みでスパイス(唐辛子・シナモン・カルダモン・ブラックペッパー等)やハーブ(レモングラス・ローリエ等)、リキュール(ラム・ウイスキー等)を加えて
オリジナルレシピを作ってみて下さい。



まずは、シロップをソーダ水で割った、ジンジャーエールをどうぞ。
グラスにシロップとロックアイスをゴロリと入れてソーダ水を注ぎ、
マドラーでシロップを溶かすように全体をよく混ぜます。
しゅわしゅわ、カランコロンとなんとも涼しげな音。
お勧めアイテムは、うすはりグラスと木製マドラー。
うすはりグラスは口当たりがよく、また木製のスプーンは
金属のものよりもグラスに当たった時の音が柔らかく伝わり、
心地の良い音を奏でてくれます。
風鈴と同じく、納涼に相応しい演出の効果です。

【その他のアレンジドリンク】
ビール割り(シャンディガフ)、ワイン割り(サングリア)、
ミルク割り(ジンジャーミルク)、お湯割り(ホットジンジャー)、
ミルクティに加えて(ジンジャーチャイ)、
甘酒に加えて(ジンジャー甘酒)

【生姜の活用法】
ドライチップ(オーブンの低温でじっくり乾かす)豚の生姜焼き、照り焼きチキン、
ブリの照り焼き、イワシの生姜煮、パウンドケーキ、クッキーなど。

夏の盛りの後にも厳しい残暑、まだまだ暑さは続きます。目にも耳にも身体にも涼感、五感で爽やか健康ドリンクで酷暑を乗り切ってくださいませ!


===================================
コラム執筆者紹介
===================================
すえざわ ちはる
瀬戸内海の小さな島で生まれ育つ。柑橘農園を営む父の柑橘でジャムに加工し、マルシェやショップで販売、ジャムやパンの教室、料理のレシピ開発などを手掛けるフードクリエーターとして活動。山登りの趣味が高じて、千葉から山梨に移住。月のリズムに添った生活サイクルを大切にし、「おいしい・たのしい・しあわせ」をモットーに、自然の恵み豊かな山麓の暮らしに根付いた季節の手仕事を楽しみ、週末は山小屋の見習いとして働く。

ホームページ こちら



   

 



 
 










 



メルマガ

場内マップ